畳日記

ポケモンとか

【サンムーンS4スペレ】 没個体ポケモンまとめ

1on1スペレで悲しくも不採用、または没になった個体を忘れないようにまとめておきます。

 

f:id:yojyosyugi:20170713105137p:plainラプラス@拘りスカーフ

臆病CS

冷凍ビーム/ハイドロポンプ/目覚めるパワー炎/つのドリル

 

一般的な滅び型では倒しにくいオノノクスカミツルギに勝てる(はずだった)ポケモン

 

ゴウカザルよりも速く、ウインディ相手にも燃え尽きられる前にハイドロポンプで倒せるのでそれなりには強かったとは思う。

 

スカーフオノノクスにギロチンを当てられたり、カミツルギに3連続でめざ炎を耐えられたのでボックスの守り神となった。

 

 

 

f:id:yojyosyugi:20170713111335p:plainゲッコウガ@拘りスカーフ

臆病CS

ハイドロカノン/冷凍ビーム/草結び/目覚めるパワー地面

 

ORASの1on1スペレでも使用していた個体。

 

めざ地面によってジバコイルイワパレス、カプ・コケコに勝てると思い採用した。

 

結果としては眼鏡ジバコイルのラスターカノンでワンパンされたり、相手のコケコがスカーフだったりしたので30分も経たずにクビになった。(要育成時間4時間)

 

 

 

f:id:yojyosyugi:20170713112306p:plainオノノクス@とつげきチョッキ

意地っ張りDS

じしん/ハサミギロチン/岩石封じ/毒づき

 

鉢巻やスカーフオノノクスが対策され尽していたので本来勝てない相手に勝てるようにしようと思い採用。

 

役割対象はゲッコウガ、コケコ、トゲキッスウインディ、ポリZ、ウルガモスなど。

 

このルールではトゲキッスが容赦なくエアスラッシュで無限に怯ませてくる。

 

よってマジカルシャインでワンパンできると思わせて、返しの岩石封じと毒づきで怯みを気にせずトゲキッスを倒すことが可能なのだ。

 

そのはずだったのだが、こいつを出した時に限ってトゲキッスが出てこなかった。

 

やっと出てきたと思ったら弱点保険マジカルシャインに吹き飛ばされたので解散した。

 

 

 

f:id:yojyosyugi:20170713113935p:plainレアコイル@拘り眼鏡

控えめCS

十万ボルト/ラスターカノン/エレキネット/破壊光線

 

眼鏡ジバコイルを使用していたのだが、チョッキテッカグヤニトロチャージ地震で敗北することが多かったので採用しようと考えた。

 

レアコイルジバコイルと比べてSが10高くCが10低い。

 

耐久は頑丈があるため特に問題なく、このルールで激戦区であるS実数値112(準速60属、最速50属)を抜けるので悪くない。

 

だが、どう考えてもレアコイルは怪しすぎるという問題が発生。

 

恐らくテッカグヤは出てこないと思い不採用となった。

 

 

f:id:yojyosyugi:20170713125740p:plainエルフーン@光の粉

臆病CS

ムーンフォース/宿り木の種/守る/身代わり

 

オノノクス絶対殺すマン。

 

シーズン開始から2週間後くらいに毒づきを持った鉢巻オノノクスが急増したことにより生まれた。

 

身代わりを4回打った後、勝ちを確信させたオノノクスムーンフォースをぶちこむ姿からは妖精要素を一切感じさせない執念を感じた。

 

オノノクス以外に勝てないので解雇されたが、得られた満足感はとても大きいものであった。

 

失われたレートも大きいものであった。

 

 

 

f:id:yojyosyugi:20170713124507p:plain

イワパレス@光の粉

意地っ張りAS

岩石砲/ロックブラスト/殻を破る/カウンター

 

がんせきおこうで確定数が変わるポケモンオノノクスとコケコくらいしか思いつかなかったため、何かいい物はないかと思い運ゲーを試みた。

 

当然の如く、粉によって勝った試合は一度もなく別の持ち物に変えることとなった。

 

 

 

f:id:yojyosyugi:20170713124528p:plain

イワパレス@食べ残し

意地っ張りAS

岩石砲/ロックブラスト/殻を破る/カウンター

 

光の粉が弱すぎたので食べ残しに変更した。

 

これにより猫騙しや王者の印なげつけるで頑丈が潰されても食べ残しの回復量で頑丈が復活し、エンニュートゴウカザルに勝つことができる。

 

どう考えてもカウンターを守るに変えたほうが100倍いいので別の持ち物に……。

 

拘らないイワパレスは岩強化アイテムかウインディに勝てるフィラの実が安定ですね。

 

 

 

f:id:yojyosyugi:20170713121238p:plainカミツルギ@とつげきチョッキ

陽気ADS

リーフブレード/聖なる剣/エアスラッシュ/ハサミギロチン

 

イワパレスのカウンターをすり抜けて倒すことができると思い採用してしまった。

 

エアスラッシュで怯ませることによりダゲキも30%で倒すことができる。

 

ここまで書いて何一つ強くなさそうな当たり、クビになったのは当然と言える。

 

 

 

f:id:yojyosyugi:20170713124650p:plainダゲキ@力の鉢巻

腕白HB

インファイト/カウンター/叩き落とす/挑発

 

鉢巻オノノクスげきりんを耐えてカウンターで処理するには耐久に振り切らなければならない。(これでも低乱数で落ちる)

 

しかし火力に無振りでは挑発と叩き落とすでHに振ったギルガルドが90%ちょっとしか削ることができない。

 

さらにイワパレスインファイトでぎりぎり確定2発にできないのだ。

 

あと少しでいい……力が欲しい……。

 

というわけで鉢巻は鉢巻でも一般的に採用されている拘り鉢巻ではなく力の鉢巻を持たせる羽目になった。

 

しかし再戦ではオノノクスはギロチンから入ってくるので勝てない。

 

ギルガルドもなんかBに振ってるのか少し耐えられて勝てない。

 

地震や冷凍パンチがないためコケコやランドロスにも勝てない。

 

火力がないためゲッコウガにすら勝てない。

 

自分が育成した1on1自慢のポケモンの中で最弱だったのは間違いない。

 

 

ということで、2000にのるまでには色々な考察がありました。(もう落ちてるけど)

 

過去の栄光の図

f:id:yojyosyugi:20170713123302p:plain

 

現在は1900付近をうろちょろしてるのでシーズン終わるまでにまた2000に帰れるように頑張ります。

 

使用していたポケモンについてはシーズン終了後にちゃんとまとめたいと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

質問などありましたら

Twitter(@yojyosyugi)までお願いします。